一般歯科・小児歯科・訪問診療・むし歯予防・歯周病予防
歯並び予防・ホワイトニング・レーザー治療・口臭治療

〒737-0803 広島県呉市郷町6-31 TEL 0823-21-7088
当院は完全予約制で診療を行っております。
ただし、急患等で予約されていない方は
午前12時30分~、午後17時30分~診察致します。

 

歯科衛生士募集
最新のブログ
過去のブログ

※写真が表示されない場合は記事のタイトルをクリックしてください

トップページ»  ブログ記事一覧»  最新の院長ブログ

最新の院長ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

院内勉強会

今週の水曜日、午後の14:30~18:00まで訪問口腔ケアについて集中的に勉強するため、院内勉強会を行いました。

今週から新人衛生士1名と、パートの歯科衛生士1名が勤務する事になったので、私(院長)を含め、歯科衛生士7名、受付2名の総勢10名で行いました

山木衛生士による「口腔ケア実践セミナー」の報告



吉田衛生士による「在宅歯科衛生士養成研修会」の報告



玉井衛生士による「自院で出来るスペシャルニーズのある患者の歯科診療(前半)」



廣下衛生士による「自院で出来るスペシャルニーズのある患者の歯科診療(後半)



黒田衛生士による「くろだ式 訪問口腔ケアの流れ」


昨年末から社会福祉法人の老人施設や障害者施設から訪問歯科診療と訪問口腔ケアの依頼がありました。

そこ、今回は今まで以上に訪問歯科診療や訪問口腔ケアについての知識を増やすためにスタッフ全員で勉強しました。

障害がある方や、高齢の方、妊娠中の方など、さまざまな事情で通常の歯科治療が受けられない方にも、健常者と同様に歯科治療やケアが受けられるように今まで以上にしっかりしたシステムを構築してい努力をしておりま

2019-03-23 05:46:14

コメント(0)

折りたたむ

医療的ケア児(者)に対する訪問口腔健康管理研修会

研修会報告 (院長)


昨日は広島県歯科医師会館で開催された研修会に参加してきました


在宅歯科医療推進のための歯科医師・歯科衛生士の資質向上事業

医療的ケア児(者)に対する訪問口腔健康管理研修会


前半は岡山大学病院スペシャルニーズ歯科センター センター長・教授 江草正彦先生

医療的ケア児(者)への口腔健康管理の傾向と対策」
 

後半は医療法人社団敬崇会猪原歯科・リハビリテーション科 猪原健先生

「医療的ケア児を地域の中で支える」
 

近年の新生児医療等の医療の発達により、超未熟児や先天的な疾患を持つ子供たちの救命が行われるようになり、病院以外の場所で人工呼吸器等の医療的ケアを受けながら日々の生活が送れるようになりました。この医療的ケア児(者)は、多くの障害を合併しており、歯科医療や口腔ケアの際にも十分な配慮必要となります。

今回の研修会は医療ケア児(者)に対する認識を深め、今後、医療的ケア児(者)に対する訪問口腔健康管理を推進するための研修でした。

2019-03-22 07:00:21

コメント(0)

折りたたむ

おうちレストランNISHIMAKIのありがとう弁当

昨日は遅いバレンタインのお返しという事で、ちょっと豪華なお弁当をスタッフ全員で食べました。

おうちレストランNISHIMAKIのお弁当です。


お品書き


すべて、手の込んだお料理です


おかずのそれぞれがとれも豪華で、みんなで美味しく頂きました!

2019-03-21 05:10:59

コメント(0)

折りたたむ

広島県スペシャルニーズ歯科診療マニュアル

読書感想 (院長)

広島県スペシャルニーズ歯科診療マニュアル

 

日本には障がいを持った方が国民の8%もいるのですが、常者と同様に、歯科保健医療サービス提供困難者を安全・安心に診ることができるように歯科医師・歯科衛生士を養成することを目的とした事業の参考書となる本を各分野の専門の先生が書かれた本です。

障がい者や要介護者のむし歯治療や歯の欠損に対する補綴処置のみならず、障がい者や要介護者の健康な生活を支援する為に必要全身管理の方法、歯科的対応、摂食嚥下リハビリテーションを含む内容が書かれています。

 

①障害児(者)・高齢者に対するかかりつけ歯科医の役割

障害児(者)の歯科診療における基本的な知識

障害児(者)の歯科診療を進める上での基本的な対応

④要介護高齢者の歯科診療における基本的な知識

要介護高齢者の歯科診療を進めるうえでの基本的な対応

⑥全身管理の基礎知識と実際

⑦口腔ケア

⑧摂食嚥下機能療法

⑨医療連携

⑩口腔保健センターについて

⑪行政から(地域包括ケア)

 

この本を再度熟読して、歯科保険医療サービス提供困難者が健常者との区別なく等しく歯科保健医療を受ける事ができるような環境整備に役立てていきたいと思います。

2019-03-19 05:56:20

コメント(0)

折りたたむ

在宅訪問歯科衛生士養成研修

研修会報告 (吉田衛生士)

日時:2019年3月10日10:00~16:00
場所:広島県歯科医師会館

①広島市における地域ケアマネジメント会議の実際
講師:保健師 松浦貴子先生

②在宅における医療と介護の連携
 在宅療養を支える職種と役割
 多職種と連携する上での注意点
講師:作業療法士 助金淳先生

③口腔ケアと機能管理
講師:広島高等歯科衛生士専門学校非常勤講師
    歯科衛生士阿川真澄先生

今回訪問診療において携わっているそれぞれの専門職の立場でのお話を聞きました。
どんなことに困っているのか、言葉だけでなく、住んでいるところの周辺、家の中など、実際に現場を訪ね知ることの重要性を知ることができました。
この講義では今まで、阿川先生が実際に訪問診療をおこなった患者さんの症例を具体的に紹介してくださいました。
その中で印象に残ったことは、初めて訪問に伺う際、慣れてもらうために、はじめから完璧を目指さないということです。
つい、お口の中を全て綺麗にしたいと私たち歯科衛生士は思いがちです。
そうではなく、少しずつ触れていき、できることからすることが大切であり、受け入れてもらえるまではコミュニケーションをしっかりとり、患者さんと向き合うことが必要だということがとても勉強になりました。
学生時代実際に阿川先生に直接教えていただいたことがあるので、その時のことも思い出しながら今後に生かしていきたいと思います。
多職種連携ということで他の業種の方の講義を受けてさらに訪問診療は奥深いものだと感じました。
有意義な研修に参加させていただきありがとうございました。

2019-03-15 04:16:04

コメント(0)

折りたたむ

自院でできるスペシャルニーズのある患者(児)の歯科治療

スタッフ研修会報告 (歯科衛生士:玉井、廣下、吉田、山木)

日時:2019年3月7日(木)午後7時~
場所:呉市歯科医師会館 会議室 すこやかセンターくれ4階
講師:広島大学大学院医歯薬保健学研究院
口腔健康発育歯科 障がい者歯科学

岡田 芳幸 教授

「自院でできるスペシャルニーズのある患者(児)の歯科治療」をテーマに、広島大学の障がい者歯科学で活躍されている岡田教授の講演を聴きました。
かかっている疾患を理解すること、ひとりひとりにあった対応が必要になることなどをスライドや動画などで学びました。
当院も様々な患者さんに来院していただいていますが、歯科が苦手などというトラウマをつくることなく、ひとりひとりにあった対応や治療をしていきたいと思います。 (玉井衛生士)

この度、「自院でできるスペシャルニーズのある患者(児)の歯科診療」ついての研修会に参加させていただきました。
日々診療している際、初めて当院に来られた子供さんで時々みられるのが、チェアーに背中をつけて横になってくれない時があります。
それはなぜだろうと常に思っていました。
それは恐怖心がありつけれなかったりと、子供の一つ一つの行動には色々な意味があることを教わりました。
また、研修を通して改めて一人一人の性格や出来ることが違いその人にあったやり方や方法を見つけ出して少しでも子供さんたちには怖い思いをしないようにして行きたいと思いました。
今回研修で学んだことを明日からの診療にいかしていきたいと思います。 (廣下衛生士)

「自院でできるスペシャルニーズのある患者(児)の歯科治療」をテーマに、広島大学の障がい者歯科学で活躍されている岡田教授の講演に参加してきました。
障がいのある方の具体的な対応方法や岡田先生がどのような診療を行っているか動画をみせてくださったのでとても分かりやすかったです。
声かけひとつとってもスムーズに診療を行うためにはチームワークが必要になるなと感じました。
今後の診療に生かしていきたいと思います。(吉田衛生士)

この度私は、すこやかセンターくれで開催された口腔保健センター部講演会に参加して参りました。
今回の講演を聴き、障害の種類や対応方法など、基礎から確認することができました。
お口を開けて頂けない事など悩んでいることがありましたが、そういった場面での対応方法を学ぶことが出来たので、今後はそれを実践に移し、解決に繋いでいきたいです。
有意義なセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。 (山木衛生士)

2019-03-14 06:23:27

コメント(0)

折りたたむ

やってみよう!地域での高齢者保健活動

研修会報告 (玉井歯科衛生士)

日時:2019年3月3日 10:00~12:00

場所:呉 すこやかセンター

講師:歯科衛生士 三好 早苗 さん

 

呉・竹原地区会研修会に参加してまいりました。
今回のテーマは「やってみよう!地域での高齢者保健活動」ということで、竹原市で活躍されている歯科衛生士とケアマネージャーの資格を取得している三好さんが講演されました。

「フレイル」とは、健康な状態と介護が必要な状態の中間的な段階のことです。
フレイルになる原因は様々ですが、早期に発見や支援をしてあげることで健常な状態に戻ることができるそうです。
また、「オーラルフレイル」とは日常生活におけるささいなお口のトラブルのことです。
歳のせいだと思っている、以前よりむせやすくなった、噛めない食品が増えた、滑舌が悪くなったなどのトラブルなどもオーラルフレイルです。
歳のせいではなく、早く見つけ適切な治療を受ければ、改善することもできます。

来院してくださっている患者さんが、健康な状態で過ごせるように、支援していけるように努めていきたいと思います。

2019-03-12 06:28:55

コメント(0)

折りたたむ

口腔ケア実践セミナー

研修会報告 (歯科衛生士 山木 祐未)

口腔ケア実践セミナー

日時:2019年2月23(土)24日(日)10:00~16:00

場所:日本赤十字広島看護大学

この度私は、2月23日・24日に日本赤十字広島看護大学で開催された口腔ケア実践セミナーに参加して参りました。

1日目は、口腔ケア研究会ひろしまの会員の方の活動報告や、口腔ケア用品の説明、舘村卓先生による"食べるための最新・最適な口腔ケア"という演題の講演を聞きました。

2日目は、口腔ケアの手順・技術の講義や、ブラッシングや粘膜ケアの演習がありました。

2日間のセミナーを通して、口腔ケアの基礎から確認することができたので、スタッフ全員がより良い口腔ケアをできるように院内で共有していこうと思います。

診療室ではポジショニングを意識していましたが、在宅や施設、病院などで行う口腔ケアの際にはそれほど気にしていませんでした。
しかし、誤嚥予防にポジショニングは大切であると分かったので今後に生かしていこうと思います。

有意義なセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。

2019-03-11 01:56:49

コメント(0)

折りたたむ

3日で運がよくなる「そうじ力」

読書感想 (受付:鍵本)

3日で運がよくなる「そうじ力」 升田 光洋著

タイトルに惹かれてこの本を読んでみました。
この本にはまず、部屋の状態は自分自身を表しているとありました。
ゴミや汚れ、ガラクタ、不用品などはマイナスエネルギーを発する要因で、それらに囲まれていると、イライラしたり不調の原因になります。
きれいな部屋にはいい気が宿るそうです。
1、部屋の換気
2、いらない物を捨てる
3、汚れを取る
4、整理整頓
5、炒り塩で部屋を清める
など、掃除の進め方や、部屋や場所別の掃除のやり方が書かれており、はやく掃除をしたいと思わせてくれる内容でした。

タイトルで使われている3日ですが、たった3日掃除をしたら運がよくなるという事ではなくて、何をやっても続かない三日坊主を上手く利用し、まずは3日間掃除の計画を立ててやってみましょう、という意味でした。
3日間集中すればできるという新しいプラスのイメージを持つことが大切だそうです。
私もこの本の内容を行動に移し、そうじ力を高めていきたいと思います。

2019-03-09 05:55:39

コメント(0)

折りたたむ

20歳からの人生の考え方

読書感想(吉田衛生士)

20歳からの人生の考え方
外山滋比古
      
この本は著者の実体験を踏まえた、人生、世の中、生活、心、そして考える事についてのエッセイが掲載されています。
この中で、読んでいてハッとしたのが、マイナスがプラスである、というところです。
そもそも失敗なくして成功はないということを改めて考えることができました。
マイナスが大きいほどプラスも大きくなると考えると失敗することを恐れず、新しいことに挑戦してみたいと思いました。
あまり20才からというキーワードと関係ない内容も多かったので、それ以外の年齢層の方にもオススメです

2019-03-07 05:23:40

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2