一般歯科・小児歯科・訪問診療・むし歯予防・歯周病予防
歯並び予防・ホワイトニング・レーザー治療・口臭治療

〒737-0803 広島県呉市郷町6-31 TEL 0823-21-7088
当院は完全予約制で診療を行っております。
ただし、急患等で予約されていない方は
午前12時30分~、午後17時30分~診察致します。

 

歯科衛生士募集
最新のブログ
過去のブログ

※写真が表示されない場合は記事のタイトルをクリックしてください

トップページ»  ブログ記事一覧»  2019年3月のブログ

2019年3月のブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

プロ野球 開幕!

いよいよプロ野球が開幕しました。

広島カープ対巨人戦を家族でテレビ観戦したのですが、今年はちょっと応援が難しいです。

大の野球ファンの次男はフリーエージェントで巨人に移籍した丸の大ファンなので、昨日も4三振の丸に大不機嫌になっていました。
カープの得点を喜ぶのも、勝った瞬間に喜ぶのも、丸が三振や凡打をしたときに喜ぶのも今後は気をつけなければいけません。

2019-03-30 04:55:36

コメント(0)

折りたたむ

ディズニーリゾート 開演35周年

スタッフの休日 (歯科衛生士:山木)

先日友人と2泊3日で東京旅行に行きました。

1日目は浅草観光をしました。

浅草へ行くのは3回目だったのですが、雷門の提灯の大きさには毎回圧倒されます。
浅草寺の参拝や食べ歩きなどをし、浅草を満喫することができました。

2、3日目は東京ディズニーリゾートへ行きました。

東京ディズニーリゾートは2018年4月15日~2019年3月25日は開演35周年ということもあり、園内の装飾がいつもに増して華やかで素敵でした。


さまざまなアトラクションに乗ったり夜にはショーを見たりと、ディズニーランドとディズニーシーを朝から夜まで存分に楽しみました。

友人との思い出が増え、とても思い出に残る良い旅行になりました。

2019-03-29 05:00:11

コメント(0)

折りたたむ

呉海自がんすバーガー

がんバーガーは元々、海自呉造修補給所の河合孝治海曹長が「隊員に呉の食材を手軽に楽しんでもらいたい」と基地の給食メニューとして創作した料理です。

がんバーガーと名乗って販売しても良いそうなのですが、その名乗る条件は・・・

魚肉のすり身にパン粉をつけて揚げたがんすを使用すること

同総監部の池太郎総監の指導方針にちなんで名付けられたカレー風味のソース「愚直たれ」を使っていること

バンズで挟んでいること

以上の3点を守れば後はアレンジ自由で販売できるハンバーガーです。



ガンスも好きですが、カレー風味でピリ辛の「愚直たれ」が美味しかったです!

2019-03-28 05:47:20

コメント(0)

折りたたむ

ランタンフェスティバル

スタッフの休日 (玉井歯科衛生士)

長崎旅行

2月に長崎へ旅行に行ってきました。

一番の目的は、毎年2月に行われているランタンフェスティバルです。


新地中華街を中心に、長崎市内が約15000個ものランタンで飾られます。


中国の旧正月を祝う行事「春節祭」を起源とするもので、とても彩りあざやかなランタンがたくさんあり、とても華やかでした。


広島からは少し離れていますが、また行ってみたいと思います!
 

2019-03-26 06:50:37

コメント(0)

折りたたむ

瀬戸内アイランド トレイル 親子ペアコース

昨日は次男と瀬戸内アイランド トレイル 親子ペアコース(約2,8キロ)に参加してきました。


とても天気の良い中、瀬戸内海の海を見ながら準備運動



スタート前、ご当地キャラ かまりん君と!


12:00 小学生と一緒にスタートです。

小さいも猛ダッシュ!


トレイルランというだけあって、スタートしたらすぐに急斜面の山道を登ります。

最初は急斜面も走っていたのですが、心臓が痛くなり、徐々に歩きに・・・

次男は私が遅れていくのを時々後ろを見ながら、ゆっくり走り続けていました。

下り坂は頑張って走り、いったん追いつくのですが、また上り坂でおいて行かれ、とうとうゴールで私が来るのを待っているという「お父さん情けない状態」になってしまいました。(親子ペアは手をつないで一緒にゴールしないといけないため)



心臓バフバフ状態ですが、ゴールの記念に写真撮影


タイムは17分29秒 62組中8位でした

本気で参加している親子ペアが多い中、ほんと頑張りました。



終わった後は名物「島ラーメン」を食べて終了。(疲れすぎて笑顔なし)


ほぼ全力疾走しなければいけないこのような単距離マラソンは私のような身体では危険なので、ゆっくり走れる長距離の方が私には向いていると思った、心臓に悪い距離のマラソン大会でした!

2019-03-25 06:06:34

コメント(0)

折りたたむ

院内勉強会

今週の水曜日、午後の14:30~18:00まで訪問口腔ケアについて集中的に勉強するため、院内勉強会を行いました。

今週から新人衛生士1名と、パートの歯科衛生士1名が勤務する事になったので、私(院長)を含め、歯科衛生士7名、受付2名の総勢10名で行いました

山木衛生士による「口腔ケア実践セミナー」の報告



吉田衛生士による「在宅歯科衛生士養成研修会」の報告



玉井衛生士による「自院で出来るスペシャルニーズのある患者の歯科診療(前半)」



廣下衛生士による「自院で出来るスペシャルニーズのある患者の歯科診療(後半)



黒田衛生士による「くろだ式 訪問口腔ケアの流れ」


昨年末から社会福祉法人の老人施設や障害者施設から訪問歯科診療と訪問口腔ケアの依頼がありました。

そこ、今回は今まで以上に訪問歯科診療や訪問口腔ケアについての知識を増やすためにスタッフ全員で勉強しました。

障害がある方や、高齢の方、妊娠中の方など、さまざまな事情で通常の歯科治療が受けられない方にも、健常者と同様に歯科治療やケアが受けられるように今まで以上にしっかりしたシステムを構築してい努力をしておりま

2019-03-23 05:46:14

コメント(0)

折りたたむ

医療的ケア児(者)に対する訪問口腔健康管理研修会

研修会報告 (院長)


昨日は広島県歯科医師会館で開催された研修会に参加してきました


在宅歯科医療推進のための歯科医師・歯科衛生士の資質向上事業

医療的ケア児(者)に対する訪問口腔健康管理研修会


前半は岡山大学病院スペシャルニーズ歯科センター センター長・教授 江草正彦先生

医療的ケア児(者)への口腔健康管理の傾向と対策」
 

後半は医療法人社団敬崇会猪原歯科・リハビリテーション科 猪原健先生

「医療的ケア児を地域の中で支える」
 

近年の新生児医療等の医療の発達により、超未熟児や先天的な疾患を持つ子供たちの救命が行われるようになり、病院以外の場所で人工呼吸器等の医療的ケアを受けながら日々の生活が送れるようになりました。この医療的ケア児(者)は、多くの障害を合併しており、歯科医療や口腔ケアの際にも十分な配慮必要となります。

今回の研修会は医療ケア児(者)に対する認識を深め、今後、医療的ケア児(者)に対する訪問口腔健康管理を推進するための研修でした。

2019-03-22 07:00:21

コメント(0)

折りたたむ

おうちレストランNISHIMAKIのありがとう弁当

昨日は遅いバレンタインのお返しという事で、ちょっと豪華なお弁当をスタッフ全員で食べました。

おうちレストランNISHIMAKIのお弁当です。


お品書き


すべて、手の込んだお料理です


おかずのそれぞれがとれも豪華で、みんなで美味しく頂きました!

2019-03-21 05:10:59

コメント(0)

折りたたむ

広島県スペシャルニーズ歯科診療マニュアル

読書感想 (院長)

広島県スペシャルニーズ歯科診療マニュアル

 

日本には障がいを持った方が国民の8%もいるのですが、常者と同様に、歯科保健医療サービス提供困難者を安全・安心に診ることができるように歯科医師・歯科衛生士を養成することを目的とした事業の参考書となる本を各分野の専門の先生が書かれた本です。

障がい者や要介護者のむし歯治療や歯の欠損に対する補綴処置のみならず、障がい者や要介護者の健康な生活を支援する為に必要全身管理の方法、歯科的対応、摂食嚥下リハビリテーションを含む内容が書かれています。

 

①障害児(者)・高齢者に対するかかりつけ歯科医の役割

障害児(者)の歯科診療における基本的な知識

障害児(者)の歯科診療を進める上での基本的な対応

④要介護高齢者の歯科診療における基本的な知識

要介護高齢者の歯科診療を進めるうえでの基本的な対応

⑥全身管理の基礎知識と実際

⑦口腔ケア

⑧摂食嚥下機能療法

⑨医療連携

⑩口腔保健センターについて

⑪行政から(地域包括ケア)

 

この本を再度熟読して、歯科保険医療サービス提供困難者が健常者との区別なく等しく歯科保健医療を受ける事ができるような環境整備に役立てていきたいと思います。

2019-03-19 05:56:20

コメント(0)

折りたたむ

在宅訪問歯科衛生士養成研修

研修会報告 (吉田衛生士)

日時:2019年3月10日10:00~16:00
場所:広島県歯科医師会館

①広島市における地域ケアマネジメント会議の実際
講師:保健師 松浦貴子先生

②在宅における医療と介護の連携
 在宅療養を支える職種と役割
 多職種と連携する上での注意点
講師:作業療法士 助金淳先生

③口腔ケアと機能管理
講師:広島高等歯科衛生士専門学校非常勤講師
    歯科衛生士阿川真澄先生

今回訪問診療において携わっているそれぞれの専門職の立場でのお話を聞きました。
どんなことに困っているのか、言葉だけでなく、住んでいるところの周辺、家の中など、実際に現場を訪ね知ることの重要性を知ることができました。
この講義では今まで、阿川先生が実際に訪問診療をおこなった患者さんの症例を具体的に紹介してくださいました。
その中で印象に残ったことは、初めて訪問に伺う際、慣れてもらうために、はじめから完璧を目指さないということです。
つい、お口の中を全て綺麗にしたいと私たち歯科衛生士は思いがちです。
そうではなく、少しずつ触れていき、できることからすることが大切であり、受け入れてもらえるまではコミュニケーションをしっかりとり、患者さんと向き合うことが必要だということがとても勉強になりました。
学生時代実際に阿川先生に直接教えていただいたことがあるので、その時のことも思い出しながら今後に生かしていきたいと思います。
多職種連携ということで他の業種の方の講義を受けてさらに訪問診療は奥深いものだと感じました。
有意義な研修に参加させていただきありがとうございました。

2019-03-15 04:16:04

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2