一般歯科・小児歯科・訪問診療・むし歯予防・歯周病予防
歯並び予防・ホワイトニング・レーザー治療・口臭治療

〒737-0803 広島県呉市郷町6-31
TEL 0823-21-7088
当院は完全予約制で診療を行っております。
ただし、急患等で予約されていない方は午前12時30分~、午後17時30分~診察致します。

 

最新のブログ
過去のブログ

※写真が表示されない場合は記事のタイトルをクリックしてください

トップページ»  ブログ記事一覧»  2017年1月のブログ

2017年1月のブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

ペリオのお悩み解消術

1月22日 広島で開催された研修会に歯科衛生士4名で参加してきました。

演題は 「ペリオのお悩み解消術」


講師の内山茂先生

この度、エソール広島で開催された「ペリオのお悩み解消術」に参加してまいりました。
講師の内山茂先生は歯科界の中で著明な先生です。
歯科医療の究極の目的とは、生涯にわたって自分の歯で快適に過ごしていただくことであり、それを達成するには、感染(むし歯や歯周病など)を防止することが不可欠となります。
内山先生は、多くの文献やデータをもとに話をされるため、納得するものばかりでした。
その中でも、特に勉強になったことは、かみ合わせや力の話です。
お口の中だとどうしてもむし歯や歯周病の問題にばかり目がいってしまいますが、かみ合わせもとても大切なポイントとなります。
歯ぎしりや食いしばりを日常的にされている方は、歯に過剰に負担がかかっているため、夜間のマウスピース着用をおすすめしています。
今後も定期的なメインテナンスで、様々な観点からチェックし、健康でおいしく食事ができるようにサポートさせていただきたいと思います。 (玉井衛生士)

この度、「ペリオのお悩み解消術-SPTを中心に」に参加させていただきました。
日常で使用している歯ブラシ・フロス・ワンタフトなどのデンタルケアグッズやPMTC用ハンドピース(専門家による機械)の先端に付けるカップ・ペーストの特徴や内山先生おすすめの器材や材料を教えていただきました。
また、きめの粗いペーストはどのぐらい金属を傷つけているのか、実際の写真を見せていただき衝撃を受けました。
今後は歯や補綴物を傷つけないような研磨ペーストを選択して使用していきたいと思います。
歯科医療は日々進化していき、色々なデンタルケアグッズや歯科用品など新しいものが開発されています。
今あるデンタルケアグッズもまだ知らない物もあると思うのでデンタルケアグッズのパンフレットを熟読し、一人一人にあったものを提供していきたいと思います。 (廣下衛生士)

現在、臨床は引退されており、東京医科歯科大学臨床教授をされている内山茂先生の講演に参加させていただきました。
メインテナンスにおいて、歯肉縁上のプラーク(歯茎の上に付着している汚れ)をコントロールすることが必要不可欠であるということを学びました。
機械的に歯を磨くPMTCのペーストの選択について、セメント質をいかに傷つけないようにするか、歯の質によって変えるなど勉強になりました。
また、歯周病と力の関係について、歯牙を見る際のポイントを教えていただきました。
今回の講演は今後のメインテナンスに役立つ情報ばかりでとても勉強になりました。
毎日の診療に生かしていけるよう精進して参ります。
参加させていただきありがとうございました。 (吉田衛生士)

この度私は、1月22日にエソール広島で開催された“ぺリオのお悩み解消術‐SPTを中心に-”というセミナーに参加して参りました。
セミナーの内容は、SPTのポイントや咬合についてなど、とても充実したものでした。
SPTとは歯周治療後のメインテナンスのことで、定期的にSPTを行うことで1年間に失う歯の本数が約3分の1になるという調査結果があるそうです。
今回の講義の中で私が一番印象に残ったことは、SPTではスケーリング、ルートプレーニング、咬合調整ももちろん重要ですが、まずはプラークコントロールが重要だと学ぶことができました。
徹底した歯肉縁上のプラークコントロールにより歯肉縁上だけでなく歯肉縁下の菌数も減り、歯周組織の健康が保たれるということも分かってきているそうです。
今後成人の方のメインテナンスを担当させていただく際に、まず私は適切なブラッシング指導ができなければならないと感じました。
患者さんの口腔内にあった指導を行うためによく口腔内を観察し、どのようにすれば患者さんがやる気を出してくださるか考えてブラッシング指導を行うようにします。
有意義なセミナーに参加させて頂きありがとうございました。 (山木衛生士)
 

2017-01-31 03:43:11

コメント(0)

勝田マラソン

先日、ほしいもを送ってくれた茨城県の先輩からメールが届きました!

地元のマラソン大会で10キロを49分で完走したという事でした。


そしてしんどいのに走る目的は私と同じこれ! (キンキンに冷えて美味しそう♪)

私は来週久々にマラソン大会にエントリー(しかもいきなりフルマラソン)しているのですが、最近走っても最長5キロしか走っていないので参加するか迷っています!

2017-01-30 06:53:10

コメント(0)

ドアが・・・

先日、次男と長女が久々に兄弟げんかをして、その代償がこれ!

部屋に隠れた長女の部屋のドアを、次男がキック!


更に怒りがおさまらず、別のドアも・・・


以前も私の部屋のドアを破壊したことがあるのですが、

次男よ! お願いだから、もう家を破壊するのはやめてくれ!

2017-01-27 06:27:09

コメント(0)

「賢い子」に育てる究極のコツ

読書感想 (院長)

長脳科学者の教授が書かれた本ということで、難しそうかなと思ったのですが、専門用語などは無く、比較的気軽に読める内容の本です。
結論は「成績の良い子」ではなく、「賢い子」に成長するにはどうすればよいかという事が書かれているのですが、子供のために何もしていない私は頭が痛くなる内容ばかりでした。
子供は親の背中を見て成長する、親の心掛け次第で子供は変わるという事がよく分かりました。
私の子供は一番下が今度小学4年生になるのでもう手遅れですが、小さい頃から好奇心を育むことが一番大事だと繰り返し書いてありました。
親になる予定の方、まだ子供が小さい方は是非読んでみてください。

2017-01-26 06:17:15

コメント(0)

口腔ケア講演会

研修報告(歯科衛生士 黒田)

先日、口腔ケア講演会に参加してまいりました。
講師は中国労災病院 歯科口腔外科 歯科医師 谷本 裕先生です。
「口腔ケアの大切さ」という演題で、まず初めに口腔ケアとは何か、なぜ口腔ケアをしなければならないのかを詳しく説明していただきました。
次に、少子高齢化によって今後の日本がどのような状況になっていくのかを知り少し不安になりました。
しかし、そのことを知ったうえで、これから高齢者がすこやかな食生活を送るためにどうすればいいか、そして介護する側が何をすればいいのかを教えていただきました。
また、介護が必要となった原因の第一位が脳卒中、続いて第二位が認知症となっており、どちらも歯周病菌が関係しているため、今後もくろだ歯科クリニックが取り組んでいる、お口の健康プログラムをもっと広め、皆様の健康寿命が延びるよう働きかけていかなければならないと改めて感じました。
有益な研修に参加させていただき、ありがとうございました。

2017-01-23 05:08:53

コメント(0)

ほしいも

昨日午後は1ヶ月に1回のランチミーティング

今回は数か月前にもスタッフからリクエストがあったお好み焼きです
自宅ではほとんど食べることがないので、とても美味しかったです。

そしてデザートはこのちょっと見た目が???の「ほしいも」

私の大学時代の先輩(茨城県在住)が地元の名産を送ってくれたので、みんなで頂きました。
和田先輩、ありがとうございます!

2017-01-22 06:10:08

コメント(0)

歯は磨かないでください

読書感想 (吉田衛生士)

このタイトルを見てどういうことなのか不思議に思い読んでみました。
タイトル通り「歯を磨く」のではなく、「歯についているばい菌を取り除く」ことが、歯のケアの原点であり、大事なことだということが書かれてありました。
日本人は海外に比べ、糖の摂取量が比較的少ない中で、先進国の中でもダントツに虫歯が多いと言われています。
では、日本人は歯を磨いていないから虫歯が多いのかというともちろんそうではありません。
日本では、毎日歯を磨いている人が95%、1日2回以上歯を磨く人は73%もいます。25%の人は、毎日3回以上歯を磨いているという調査結果が出ているそうです。
ここまで熱心に歯を磨いているにも関わらず、日本人に虫歯が多いのは、他の先進国に比べて定期検診や予防処置の受診が少ないことが一因としてあげられます。
日本人は虫歯になるまで病院に行かないから自分の歯ブラシの使い方、ケアの仕方が正しくないということに気づかないと書かれていました。
そして、実は、「歯磨き」という言葉が日本人の虫歯を増やしている元凶であり、海外では、「プラークコントロール」という言葉を使い、小さい頃から「歯を磨く」のではなく「口の中の細菌の取り除き方」を教わっているということを筆者は訴えており、その通りなのかもしれないと思いました。
歯ブラシの当て方、補助用具を使うこと、など少しの工夫でもっとお口の中がきれいになる方はたくさんいらっしゃいます。
お口の健康は全身の健康にもつながっているともいわれていますので、皆さんの健康寿命が少しでも長くなるようなサポートをさせていただけたらと、この本を読んで改めて思いました。

2017-01-20 05:44:56

コメント(0)

大丈夫だよ、すべてはうまくいってるからね

読書感想 (廣下衛生士)

この本を手に取ったきっかけは、題名に何か惹かれるものがあり手に取りました。
内容は「思い込みを捨てる」ことの重要さやこの世の「法則」や「振動数」についての話が書いてありましたが、中でも一番衝撃をうけたところは「思い」は必ず身体に影響を与えると言うことです。
それは、実際に起こってないことでも不安を持つことで身体に交感神経の働きを高める物質の脳内ホルモンが分泌されて、血管が収縮してしまい血液の循環が悪くなり、その状態が続くことで身体に負荷がかかり、人の身体が壊れてしまうと書いてあったところです。
私は、いつもネガティブな「考えや思い」を持つことがあるため、これからは自分に「大丈夫だよ、すべてはうまくいってるからね。」といいきかせていきたいと思います。

2017-01-19 04:16:52

コメント(0)

人生に立ちはだかる「壁」をなくす方法

読書感想 (玉井衛生士)

人生に襲い掛かる様々な障壁、願いの実現を妨げるもの、やる気や希望を失わせるものなど、人生を阻む様々な「壁」を乗り越えるべきものと考える人が多いと思います。
しかし、「壁」というもは、本当にそういうものなのか?という疑問から、「壁」の正体を解き明かし、人生から「壁」を取り去っていく内容です。
ここにでてくる「壁」とは、自分自身が創っているものであるそうで、いくつかのわかりやすいケースをもとに「壁」について説明が書いてあります。
この本を読んで、日頃自分自身がどれだけ固定観念にとらわれていたかがよくわかったので、今後の物事のとらえ方に生かしていきたいと思います。

2017-01-18 08:39:09

コメント(0)

幸せな私のはじめかた

読書感想 (受付:飯村)
 
この本は、先月読んだ「今の私を好きになる本」と一緒の著者宇佐美百合子さんの本です。
幸福、自分、愛、勇気、人生の5つの章に分かれ、著者である宇佐美百合子さんが今までの人生で「勇気づけられた」「助けられた」偉人の名言を集め、それにまつわる実体験が書いてある本です。
私がその中でも特に印象に残ったメッセージは、ヘンリーフォードの「あなたができると思おうと、できないと思おうとどちらも正しい」と言うメッセージです。
私は普段から初めてのことをする際、できないかも知れないなどマイナスの事がよく頭をよぎる事が多くあります。
最初から出来る大丈夫などポジティブな事を考えとると自然と前向きになれ、そのままの結果に現れてくるとあります。
なぜならあなたが自分に言って聞かせる言葉には言霊が宿っているから、だそうです。
これからは、肯定的で明るい言葉を発していき、可能性や能力を充分に引き出していきたいと思いました。
この本は、幸せをはじめるために、「今のあなたにできること」を教えてくれる一冊でした。

2017-01-17 07:56:10

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2