一般歯科・小児歯科・訪問診療・むし歯予防・歯周病予防
歯並び予防・ホワイトニング・レーザー治療・口臭治療

〒737-0803 広島県呉市郷町6-31
TEL 0823-21-7088
当院は完全予約制で診療を行っております。
ただし、急患等で予約されていない方は午前12時30分~、午後17時30分~診察致します。

 

最新のブログ
過去のブログ

※写真が表示されない場合は記事のタイトルをクリックしてください

トップページ»  ブログ記事一覧»  2016年12月のブログ

2016年12月のブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

くろだ歯科クリニックの忘年会

昨日をもって今年の診療は終わりました。
ということで、昨日はくろだ歯科クリニックの忘年会を行いました。
場所は広にある創作料理店 ieRo です。

食べた事のないおしゃれな、美味しい料理がどんどん出てきます!









ieRoのマスター、ごちそうさまでした。


スタッフの皆さん1年間ご苦労様でした!

また、当院にかかわっている歯科業者さん、技工所の皆さん、ありがとうございました。

そして当院に来られている患者さん、いつも来院していただき、ありがとうございます。

来年は1月5日から通常診療となりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

2016-12-29 03:51:46

コメント(0)

今年の映画 Best10


今年、私が観た映画 Best10 です!

NO10


NO9


NO8


NO7


NO6


NO5


NO4


NO3


NO2


NO1


今年は例年に比べて映画を観に行けなかったので、来年はもう少し多くの映画を観に行こうと思います!

2016-12-28 03:00:03

コメント(0)

バッティング練習マシン

クリスマスプレゼント

次男の今年のクリスマスプレゼントはバッティング練習マシン

買うときはおもちゃなのでまあ小さいから部屋に入るだろうと思っていたのですが、組み立ててみると部屋いっぱいいっぱいに!


まだまだバッティングが上手くないので、打ったボールがネットに当たらず、あちこちへ飛んでいくので壁が壊れなければ良いのですが・・・

ちなみに長男がリクエストしたクリスマスプレゼントは?

とても小さなレゴブロックのようなおもちゃでした!

2016-12-27 04:29:51

コメント(0)

聖の青春


幼いころより患う難病と闘い29歳の若さでこの世を去った天才棋士・村山聖の将棋の道を突き進んだ壮絶な人生を、羽生善治をはじめとする同世代の棋士との死闘や、彼を支える師匠や両親たちの愛を通して描かれた映画です。
展開は淡々としているのですが、命を削りながらも、“将棋”という命懸けの勝負の世界に身を投じ、迫り来る命の終わりと共に戦い続ける姿には、鬼気迫るものを感じました。
主役の村山聖さんは広島県府中出身だったようで、松山ケンイチさんが広島弁を話すのですが、ちょっとイントネーションが違うのは違和感を感じましたが、随所に広島の食べ物の名前や背景が出てきたのは、広島人としてちょっと親近感が沸く映画です。

2016-12-26 05:39:01

コメント(0)

クリスマス

昨日は1か月に1回のランチミーティング

今回のランチはモスバーガーのハンバーガーとポテト、そしてクリスマスということでチキンです!
健康に良い食事とは言えませんが、たまには良いでしょう!

そしてクリスマスといえば・・・
両親の実家でクリスマス会をしました。
 
4世代が集まり、クリスマス会!  


最後はクリスマスケーキを食べてクリスマスの雰囲気を楽しみました! (私の両親と両親からすると孫たち)

2016-12-25 06:11:51

コメント(0)

我馬RED

昨日はソレイユに行ってきました!
クリスマス前の休日だったため、開店直後から大賑わいでした!
昼食にラーメン我馬に行ったのですが、こちらも開店時には長蛇の列!

私はいつもは赤うまを注文するのですが、このメニュー表についついひかれて我馬創作ラーメンコンテストG-1グランプリを獲得した「我馬RED」を注文


Carpのリーグ優勝を祝した赤をモチーフに唐辛子を練りこんだ麺や牡蠣のから揚げ、ナス、レンコンチップス、焼き豆腐などの変わった具材とともに、かなり辛いスープが刺激的なちょっと変わったラーメンでした。


辛党の方は是非食べてみて下さい!
ちなみに私は汗だらだらになり、長女から「キモい、キモい」と言われながら何とか完食しました。

 

2016-12-24 05:17:58

コメント(0)

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

読書感想 (院長)

著者の髙橋先生は3分診療がいいとは思いませんが、改善されるめどがない以上、受診のコツをつかんでいただき最善の診療を受けていたただきたいという思いで、この本を書かれたそうです。
病院通いが大好きな日本では実際に医師が患者さんを診察する時間が限られてしまいます。
よって伝えたいことを医者に充分伝えきれずに病気を見逃されてしまったら悲劇となるわけです。
3分間という短い時間でどこまで自分の体調を説明できるか、どうすれば目の前の医者から正確な診断を引き出せるのか、そのコツが書かれています。

2016-12-21 04:28:35

コメント(0)

この世界の片隅に

この世界の片隅に

戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を追い掛けるアニメ映画です。
アニメ映画でしたが、舞台が呉という事、そして評価がどんどん良くなっているので観てきました。
普段、映画は広島に出て観ることが多いのですが、この映画は呉ポポロで観ました。
呉ポポロで映画を観る時は多くても10人程度、時に貸し切り状態の一人で観たこともあるのですが、この日は会場の席が半分以上埋まるほどの大盛況。
そして半分以上がお年寄りという独特な雰囲気でした。
内容はここでは書きませんが、呉が舞台なので是非、呉の方には観てほしい映画です!

2016-12-20 05:48:29

コメント(0)

君の名は

君の名は

見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が、奇妙な夢を通じて導かれていく姿を追う、今話題の映画です。
漫画なので観る気は全くなかったのですが、ここまで評価が高くなったので観てきました。
正直、内容がよく理解できませんでしたし、感動もしませんでした。
最後の最後までは・・・
そうなんです。
この映画は最後の数分がグッとくるんです!
しかしそれでもなぜここまで評価が高いのか? 
DVDが出たらもう一回観てみようと思います。

2016-12-19 05:40:00

コメント(0)

チョ~イケテル 花の歯科衛生士

読書感想(山木衛生士)

この本の著者は歯科衛生士の小原啓子先生です。
この本は私たち歯科衛生士の何気ない疑問や悩みを解決するためのアドバイスが記してあります。
イラストがメインでとても読みやすい本でした。
歯科衛生士が患者さんに説明をするイラストでは噛み砕いた説明書きがしてあり、今後私が患者さんに説明をする際の言葉選びに参考になるものがいくつもありました。

私がこの本の中で一番印象に残ったのは、

“「どうですか」「大丈夫ですか」時々声をかけてほしい。 患者さんはその言葉を待っている”

という文章です。

患者さんには、もし何かがあったら合図をしていただくよう事前に声掛けをしていますが中には私たちに気を使って何も言わずに耐えている患者さんもいると思います。
私たちが時々声を掛けることで患者さんは思いを伝えやすくなると改めて分かりました。
声掛けのほかにも歯科衛生士に必要なことを学ぶことができたのでこれからの診療に学んだことを生かしていこうと思います。

2016-12-17 05:00:54

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3