一般歯科・小児歯科・訪問診療・むし歯予防・歯周病予防
歯並び予防・ホワイトニング・レーザー治療・口臭治療

〒737-0803 広島県呉市郷町6-31
TEL 0823-21-7088
当院は完全予約制で診療を行っております。
ただし、急患等で予約されていない方は午前12時30分~、午後17時30分~診察致します。

 

最新のブログ
過去のブログ

※写真が表示されない場合は記事のタイトルをクリックしてください

トップページ»  ブログ記事一覧»  2013年10月のブログ

2013年10月のブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

指しゃぶり

昨日は1歳半検診に行ってきました。
検診時、お母さんから指しゃぶりについて質問をされました。
今日は「指しゃぶり」について当院で説明している内容を書きます。


指しゃぶり・おしゃぶりは「吸てつ反射」という赤ちゃんが生きていくために(おっぱいやミルクを飲むために)、口に触れたものなら何でも吸うという本能的な機能から 起こってくる行為です。
指しゃぶりは成長の一過程ですので、4歳頃までは無理に指しゃぶりをやめさせる必要はありませんので、思う存分指しゃぶりをさせてあげて下さい。
指しゃぶりは成長の過程で大切な行為なのです!
 
<指しゃぶりの種類>
*親指を上顎に押し付けるタイプ
 ・親指の掌面が上顎前歯の舌面や口蓋を圧迫し、親指の背面は下顎前歯と接触します
 ・その結果、上顎前歯は唇側に、下顎前歯部は舌側に傾斜します。
  また下顎前歯を圧下させ、萌出を妨げます
 
*指を強く吸うタイプ
  頬筋が収縮して上顎歯列が内側へ傾斜して、歯列が狭窄してしまいます
 
 <指しゃぶりをすることでの影響>
1、歯列・咬合が悪くなります
  
          開咬                      上顎前突                   狭窄歯列
 
2、口元や顔貌に影響します

口をポカーンと開けて口呼吸をするようになり、口唇の筋肉が緊張がなく、弛緩した状態になる。  

3、機能面
  咀嚼障害、異常嚥下、発音障害などが起こります。
 
<指しゃぶりをやめさせる時に大切なこと>
指しゃぶりは発育過程で重要ですので、5歳頃まではさほど問題ありません
しかし永久歯が生え始める5歳を過ぎても続けている場合は、やめるようにしていきましょう!
 
①子供自身がやめるという気にさせる
 絵本を使用したり、なぜやめる必要があるのかを子供に分かりやすく伝える
②短時間(例えば日中だけでも)でもやめることが出来ればほめてあげる
③手をつないで一緒に寝る
④指に手袋などをつけて出来ないようにする (無理はしない)
⑤焦らない、ゆっくり、愛が大切 (無理にやめさせようとせず、根気強く待つ)
⑥外でいっぱい遊ぶ、手を使った遊びをする
 
<どうしてもやめられないお子さんには吸指癖防止装置があります>
 
 
現代社会において、両親が子供に費やす時間が少なくなっているようです。
指しゃぶりを治すには、ゆっくり見守って、根気強く待つ姿勢が必要です。

2013-10-31 06:08:36

コメント(0)   |  トラックバック (0)

ラーメン もりかわ

おすすめラーメン

広島の大洲にあるお勧めラーメン店 「ラーメン もりかわ」
広島に出た時は結構な頻度で食べに行くラーメン屋さんです。
さんま、ほたて、まぐろ、えび、あさりなどの魚介類がベースとなっているラーメンです。

博多ラーメン等とは違い、やや薄めのやさしい風味です。
脂っこくなく、とても穏やかなラーメンです。

2013-10-30 04:06:36

コメント(0)   |  トラックバック (0)

一般歯科医にもできる矯正治療  第2回目

10月27日(日)は大阪の心斎橋で、一般歯科医にもできる矯正治療 第2回目のセミナーに参加してきました。

第2回目の主な内容は可撤式装置の設計から治療計画、装置の作製、調整方法についてでした。
可撤式装置とは、当院でも取り入れている取り外し式の拡大装置のことです。
  
通常は型をとって技工所に出して作製してもらう可撤式装置(拡大装置)を今回はワイヤーを曲げるところから初めて作製していきます。
我々歯科医師は実際に作製することがないので、作製する大変さがよく分かりました。
また装置の設計や調整方法など、ちょっとしたポイントなども教えていただき、今日からの臨床に役立つ内容ばかりでした。
全6回コースの今回は2回目でしたが、矯正専門医、指導医の講師の先生から矯正治療のノウハウをどんどん吸収していきたいと思います。
 
当日(10月27日)は研修会会場のすぐ前の道(御堂筋)で大阪マラソンが行われていました。
 
実は私もエントリーをしたのですが、残念ながら落選。
来年は当選してこの大阪の町を走ってみたいと思います。

2013-10-29 06:06:49

コメント(0)   |  トラックバック (0)

サプライズ演出

昨日、研修会から帰ったら我が家の食卓がレストランのようになっていました。

結婚記念日のお祝いということで、夜の9時まで食事をしないで待ってくれていました。


とりあえず乾杯

そして娘が私達にプレゼントを作ってくれました。


中にはメッセージの入ったキーホルダーと、3人の子ども達が書いた手紙が入っていました。
長女が息子達2人に書かせたようです。

家族にありがとうです!!

2013-10-28 06:05:26

コメント(0)   |  トラックバック (0)

結婚11周年

今日は結婚11年目です。

いつも支えてくれて本当にありがとう!

2013-10-27 04:00:05

コメント(0)   |  トラックバック (0)

「美男・美女・健康の作り方」 

スタッフ研修会報告

「美男・美女・健康の作り方」  ~歯科的アプローチ~

この度の研修は、くろだ歯科クリニックでも行なっている「床矯正」に伴うトレーニング方法について学びました。
現在、私たちも説明しているように①食べ物を選ぶ ②よく噛む ③鼻で呼吸する この3つを実行することが大切という内容でした。
その中でも、松見歯科では食べ物を選ぶことに“こだわり“を持ち、砂糖をいっさい摂らないことや主食を白米ではなく玄米にすること、そして野菜も無農薬のものを食べるという徹底ぶりには驚きました。
実際に松見歯科の患者さまは、この3つを実行することで、歯周病だけでなく様々な症状の変化がみられており、当クリニックでもいいところを取り入れていきたいと思いました。                 
皆様も、是非 玄米食を実行してみてはいかがでしょうか!!  (歯科衛生士 黒田景子)

香川県高松市開業 松見 哲雄 先生         

2013-10-26 04:36:14

コメント(0)   |  トラックバック (0)

外傷


先日転んで前歯が欠けたという事で来院されました。
その方は現在広島市に住んでいるのですが、受傷後、唇や手から多量の出血しているにも関わらず、わざわざ呉の当クリニックまで来られました。
唇や手の裂傷については縫合するほどでもなかったので消毒のみ行いましたが、問題は破折した前歯です。

神経の処置が必要になるかもしれませんが、神経を保護する特殊なセメントを塗布した後、とりあえずレジンという樹脂で修復。
精一杯の事はしましたので、このまま痛みがでない事を祈ります。

2013-10-25 06:04:58

コメント(0)   |  トラックバック (0)

ハロウィンパーティー

先日、子ども達はいとこのお家(妻の姉)に泊まりに行ってハロウィンパーティーをしたそうです。(私はいけませんでした)

仮装グッズなどを着て楽しんだそうです。
 
我が家ではなかなか出来ないパーティーをしてくれて、また美味しい料理を食べさせていただきありがとうございました。

2013-10-24 08:08:53

コメント(0)   |  トラックバック (0)

茨城米


先日、30キロの茨城産のお米が届きました。

送り主の名前を見ると、大学のサッカー部の先輩の和田さんでした。
思い出せば夏に福島で会って一緒に飲んだときに、茨城のお米は美味しいぞ~って話になって時、お酒の勢いで私が「お米ください」と言ったのを思い出しました。
冗談で言ったのに和田先輩は本当に送ってくれたのです。
我が家ではお米を買っても10キロ入った袋なので、30キロの袋を見て子供たちは大興奮。
「持ち上げる」といって長女がチャレンジするも全く持ち上がりません。

それを見ていた息子達2人も加勢し、3人で持ち上げようとするも全く持ち上がりません。
和田さん、こんなにたくさんのお米を送ってくださりありがとうございました。
遠慮なく美味しくいただきますね!!

2013-10-23 03:58:35

コメント(0)   |  トラックバック (0)

寝違え

昨日の朝、突然次男が首を押さえて泣き出してきました。
そして手が上がらない、動かない、首が痛いとシクシク泣くのです。
原因も分からないので私の両親に整形外科へ連れて行ってもらったところ、診断は「寝違えた事による首の筋肉の痛み」ということで、首にコルセットを巻いて帰ってきました。

初めての痛みだったので次男もびっくりしたのでしょう。
固定して、動かさなければ痛みもないようで、薄ら笑いをする次男です。

その次男、先日下の前歯が抜けたのに続き、今度は反対側の下の前歯が抜けました。

 
この抜けた下の前歯の2本のスペースに大きな永久歯がはえてくるのですが、見た感じは結構スペースがありそうです。
しかしその隣の2番目の歯の抜け変わる時、前歯の2本よりサイズの大きい永久歯がはえて来るので、スペースがなくなってしまいます。
近いうちに検査して、スペースが足りないようなら床矯正治療(顎を広げる)をしなければいけません。
可能なら装置を使わないで、食事方法の徹底改善やトレーニングなどで改善できれば良いのですが、自分の子どもの治療が一番難しい(親の言うことを聞かないので・・・)かもしれません。

2013-10-22 06:38:40

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3