一般歯科・小児歯科・訪問診療・むし歯予防・歯周病予防
歯並び予防・ホワイトニング・レーザー治療・口臭治療

〒737-0803 広島県呉市郷町6-31 TEL 0823-21-7088
当院は完全予約制で診療を行っております。
ただし、急患等で予約されていない方は
午前12時30分~、午後17時30分~診察致します。

 

歯科衛生士募集
最新のブログ
過去のブログ

※写真が表示されない場合は記事のタイトルをクリックしてください

トップページ»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

祝日のある週の水曜日の診療時間変更

月曜日が祝日だった今週の水曜日、ランチミーティングを行いました。

今回のランチはモスバーガーです。

それぞれハンバーガー1個とチキンフライ一本を食べながらミーティングを行いました。
 

そして今月から祝日のある週の水曜日の午前は通常診療、午後は勉強会等を行うために休診でしたが、夕方に来院希望の患者さんが多い為、午後も4時から6時までは診療する事になりました。


祝日のある週の水曜日は9:00~13:00、16:00~18:00は診療時間とします。

2019-09-20 05:44:09

コメント(0)

折りたたむ

歯周内科治療 アドバンスセミナー

研修報告 歯科衛生士:黒田景子)

 

周内科治療 アドバンスセミナー歯原性菌血症と除菌治療)

日時 9月15日(日) 10:00~16:00

場所 大阪駅からすぐのイオンコンパス


講師 国際歯周内科学研究会 代表理事 津島克正先生

 

周内科とは歯周病を内科的に治療することですが、この治療をすることで全身の健康につながっています。

現在では、歯周病の原因菌がアルツハイマー病に関係していることもわかっています。

また、心疾患や関節リウマチや低体重児や糖尿病にも関わっていると言われています。

そのため、口の中の悪い菌が少なくなれば、アルツハイマー病やその他疾患の発症のリスクを下げることにつながっているんです。

私たちは、このことを皆さまに伝える義務があるため、今後も歯周内科治療についてわかりやすく説明し取り組んで参ります。

今回、研修に参加し改めて自分の仕事のすばらしさを感じました

2019-09-19 07:32:54

コメント(0)

折りたたむ

歯原性菌血症と除菌治療

研修報告 (院長)

 

周内科治療 アドバンスセミナー歯原性菌血症と除菌治療)
 

日時 9月15日(日) 10:00~16:00
 

場所 大阪駅からすぐのイオンコンパス
 

講師 国際歯周内科学研究会 代表理事 津島克正先生

 

ここ数年は歯周内科関連のセミナーはスタッフに行ってもらっていたのですが、今回新しい情報を得る目的と、もう一度勉強してもっとこと治療を患者さんに広めていけるようにと思い、妻と参加しました。

午前は除菌治療、リアルタイムPCR(遺伝子検査)について、口腔内細菌と関連する全身疾患について、歯原性菌血症についてなど、盛りだくさんの内容でした。

我々の仕事は歯を治すだけでなく、身体全体を治す事ができる、重要な仕事を担っている事を改めて考えさせられました。

午後からは歯科医師と歯科衛生士に分かれての講演でした。

私が聴いた歯科医師の講演内容は具体的な検査方法、検査結果の活用(基準値・薬剤選択)、患者さんへの説明方法、マウスピース除菌等、午後からも盛りだくさんの内容でした。

歯科衛生士の講演内容は位相差顕微鏡の説明方法、リアルタイムPCR法の検体採取と相互実習などについてでした。

当院では今までも歯周内科治療を行っているのですが、まだまだ限られた方にしか行えておりません。

患者さんにとって良い治療法を広めていく為、スタッフがしっかり説明できるように指導していきます。

2019-09-18 04:53:18

コメント(0)

折りたたむ

ゴルフ 最終調整

昨日は天気が良かったので、次男とバッティングセンター、そしてゴルフのショートコースを回ってきました。

次男は3回目のラウンドでしたが、アイアンショットも上手に打ち、池越えやバンカー越えも難なく超えるようになり、1ホールに1打のハンデをつけて勝負したのですが、2ラウンド共に負けてしまうほど上達していました。

練習でこんなバンカーショットも見事脱出!

アゴの高いバンカーショットも脱出していました!
 

今年はかなり練習したので、ラウンドするのが楽しみです!

2019-09-17 06:08:32

コメント(0)

折りたたむ

デンタルコミュニケーションメソッド

読書感想文(歯科衛生士:藤原)

患者さんの心をつかむ  デンタルコミュニケーションメソッド

コミュニケーションとは言葉や思いのキャッチボールであり、安心してキャッチボールができる状態を「ラポール」と言います。
たとえ自分が相手を信頼していても、相手が自分を信頼してくれなければ、心と心が通い合っている状態とはいえない。
人は五感を使って外界の情報を取り込み、快・不快を感じ取っていて、その人により、視覚・聴覚・体感覚のどれかが優位になっている傾向があり、自分自身と相手の傾向を知ることにより対応を変えることでより理解が深まるということが事例を通して紹介されていました。
これは院内だけでなく、人とのコミュニケーションで日常生活にも役立つ内容だと思いました。

2019-09-14 03:34:16

コメント(0)

折りたたむ

ホワイトハウスのカレー


先日 広島ローカルテレビの「駅んさい」という新広駅周辺の飲食店などを紹介するコーナーを見ていたら、美味しそうな老舗カレー屋さんを紹介をしていたので食べてきました。

モリクミが紹介していたのですが、広にあるカレーとコーヒーが美味しいホワイトハウスといいうお店です



建物の色がいからホワイトハウスという名にしたそうです。

トッピングのないオリジナルカレーを注文

深みがあり、とても美味しかったです。
 

食事のあとは普段飲まないコーヒーを・・・

こだわっているだけあって、こちらも美味しかったです。

店内はとても歴史を感じる内装で、昭和にタイムスリップしたような空間でした。

2019-09-13 05:32:09

コメント(0)

折りたたむ

SHOFU DH Party! In HIROSHIMA

研修会報告(歯科衛生士:吉田、藤原)

SHOFU DH Party! In HIROSHIMA

日時:2019年9月8日(日)10:00~17:00
場所:TKPガーデンシティ広島
講師:大住祐子先生、大月基弘先生、山本浩正先生

今回は松風DHPartyという研修に参加させていただきました。
まず、大阪で歯科衛生士をされている大住先生の講義から始まり、来院してくださっている患者さんの全身的な変化、生活背景の様子の変化などを観察し続けることの大切さ、歯科衛生士だからこそ気づける“視点”を養っていきたいと感じました。
続いて大阪の豊中市で歯科医院を開業されている大月先生によるインプラントの講義でした。
インプラントのメンテナンスをする際の注意点やインプラント周囲炎、インプラント周囲粘膜炎の違いなど新しい発見が多くあり、これからはそのことを頭に入れてメンテナンスをしていきたいと思います。
午後からはこの研修の中でいくつか選択セミナーがあり、私は口腔内撮影の講義を受けました。
実習で使用したカメラは今現在当院で口腔内を撮影するのに使っているカメラの最新版なのですが、かなり進化しておりこの度、購入してもらえることになったので、今後の診療にたくさん活かしていきたいと思います。
最後に、この日の締めくくりは大月先生の恩師でもある山本先生の講義でした。
“愛”をテーマにした内容だったのですが、器具や言葉の愛し方、山本先生や歯科以外でのプロフェッショナルの方の考え方、仕事に向き合う姿勢などとても為になるお話ばかりでした。
この一日でたくさんのことを学ぶことができたので今後に生かしていきたいと思います。
有意義な研修に参加させていただきありがとうございました。 (歯科衛生士:吉田)

この度、メインテナンスをテーマにした講演会に参加して参りました。
内容は歯科衛生士、歯科医師の3人の先生による講演と口腔内撮影のセミナーでした。
歯科衛生士の大住先生はメインテナンスでの観察について、歯科医師の大月先生はインプラントの大敵であるバイオフィルムについて、山本先生による「ペリオの愛し方」というタイトルの講演で、口腔内撮影のセミナーでは撮影の際の注意するポイントなどを教わり、実際に最新式のカメラを使用して撮影をさせていただきました。
どの内容もとても為になり、今後もコツコツと知識と技術の向上に努めていきと思いました。(歯科衛生士:藤原)

2019-09-12 06:07:49

コメント(0)

折りたたむ

モンゴルラーメン


あるお店の中にある食堂で辛そうなモンゴルラーメンを食べてみました。
 

辛さは大丈夫だったのですが、山椒?の痺れがものすごい効いていて汗ダラダラになってしまいました。

食べ終わった後は、舌がヒリヒリになってしまいましたが、スープを飲み干してしまうほど病みつきになってしまいそうなラーメンでした。

2019-09-11 04:00:47

コメント(0)

折りたたむ

自分を休ませる練習

読書感想文(歯科衛生士:廣下)

今回、書店で一番印象的な本を選びました。
著者の矢作直樹先生は、金沢大学医学部卒業しその後、医師として麻酔科を皮切りに救急・集中治療、内科、手術部などを経験し、平成16年3月に任期満了退官なさっています。
この本の中で一番心に残ってたことは、「欠点はある意味 ‘長所’」という言葉です。
例えば、歩くのが遅い人や仕事が遅い人は視点を変えれば‘丁寧で落ち着きがある人’
また、愛想がない人は‘媚びない人’という意味だと書いてありました。
私は欠点ばかり目が行きがちですが、短所も視点を変えると長所になるのだと思い、これから私もそういう捉え方のできる人間になりたいと感じました。
この本を読んで、新たな考え方ができ心が軽くなったので、精神的にお疲れの方にオススメしたい一冊です。

2019-09-10 05:00:20

コメント(0)

折りたたむ

ラフからのアプローチ

昨日の天気が良かった休日は、子供たちが行事でいなかったので、ショートゴルフ場で、一人ゴルフをしてきました。


今回の目的は深いラフからのアップローチの練習です。

までは何も考えず打っていたのですが、先日ゴルフのレッスンでラフからの打ち方を教えてもらった通りすれば、スムーズにアップローチが出来るようになりました。
 

お昼過ぎから夕方まで一人で黙々と練習し、最後は1球のみで18ホール実際に回ったのですが、5バーディー、1ダブルボギィー、2ボギィーの1ワンダーで回ることが出来ました。(すべてパー3の18ホール)

パター、アプローチウェッジ、サンドウェッジの3本は使いこなせるようになりました。
 

いよいよ1年に1回、友人たちとのラウンドが近づいてきました。
 

練習成果てもらおうと思います。

2019-09-09 03:46:53

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5